遺品整理事業

freestyle-logo

遺品整理とは?

遺品はいわゆる遺産の内でも動産など物品全般を指すが、こと故人が生前に使用していた生活雑貨や衣類・家具・家電製品など古物としては財産価値の薄い物品も含まれる。
故人の遺品を遺族で分け合うことを形見分けと呼び、急な出来事の場合、あるいは借家や賃貸アパートなど賃貸住宅を明け渡さなくてはならないような場合は、葬儀などの法事が終わってから、直ちに遺品整理・処分にかかることが多い。
日記・手紙・手帳(住所録やメモなど)・預金通帳などは、1年から2年程度は必要になることもあるので保管し、その他の家具や箪笥などの家財道具は福祉施設に、書籍などは地域の図書館や学校などに寄贈されることもあるが、中には引き取り手のつかない、あるいは財産としての処分を行うこともできない物品もある。
Wikipediaより

柏原市の遺品整理事業

遺品整理事業では、地域密着として故人様の遺品を整理させて頂いております。
弊社では、不動産会社様からの残置物の撤去なども頂いており、売買契約時の引き渡し前に入らせて頂いたりしております。
リサイクル、リユース出来る資源をゴミとして扱わずに慎重な分別作業を心掛けております。
柏原市の遺品整理ならフリースタイル
遺品整理 柏原市 フリースタイル

遺品整理事業は、人手の必要な業務となり、1人や2人での仕分けなどの場合、2日以上の作業となるケースもたくさんあります。
弊社では、お客様1人1人丁寧に作業させて頂いており、しっかりと大切な遺品を整理させて頂いております。
近年では、遺品整理を知らない人がいないまで知名度が上がりました。
遺品整理にもいくつかの種類があり、孤独死、事件などの特殊清掃の必要なケースから、仕分けの必要な場合や全ての回収するケースまで多岐にわたります。
また、高単価な案件も多々あり、非常に集客の競合性も高い業界となっております。

Copyright 2017 LIKE